AmazonEC2 + nginx + php-fpm + mysql + WordPress

○rootユーザにswitch

sudo su

○yumでnginxとPHPを動かすために必要なphp-fpmをインストール

yum install nginx
yum install php-fpm

○nginxのサービスをスタート

/etc/init.d/nginx start

⇒http://(ドメイン)/ にアクセスすると画面がnginxの画面が表示される

○ドキュメントルートの確認

/etc/nginx/conf.d/default.conf を見るとデフォルトのドキュメントルートが
/usr/share/nginx/html となっていることが分かる。
※【重要】index.phpも参照されるようにしておく
——————————————–
location / {
root   /usr/share/nginx/html;
index  index.html index.htm index.php;
}
——————————————–

○PHPファイルの配置

vi /usr/share/nginx/html/test.php
※以下の内容を入力
——————————————–
<?php
echo “Good Job!”;
?>
——————————————–
⇒http://(ドメイン)/test.php にアクセスするとphpファイルがダウンロードされてしまう。

○php用に設定変更

vi /etc/php-fpm.d/www.conf

user/groupをnginxに変更
——————————————–
; Unix user/group of processes
; Note: The user is mandatory. If the group is not set, the default user’s group
;       will be used.
; RPM: apache Choosed to be able to access some dir as httpd
;user = apache
user = nginx
; RPM: Keep a group allowed to write in log dir.
;group = apache
group = nginx
——————————————–

vi /etc/nginx/conf.d/default.conf
※rootとfastcgi_paramのパスはドキュメントルートに合わせるように変更
——————————————–
location ~ \.php$ {
root           /usr/share/nginx/html;
fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
fastcgi_index  index.php;
fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  /usr/share/nginx/html$fastcgi_script_name;
include        fastcgi_params;
}
——————————————–

○php-fpmの起動とnginxの再起動

/etc/init.d/php-fpm start
/etc/init.d/nginx restart
⇒http://(ドメイン)/test.php ”Good Job!”と表示される

○サービスの起動確認

netstat -ltn | grep -E ‘(80|9000)’
tcp        0      0 127.0.0.1:9000              0.0.0.0:*                   LISTEN
tcp        0      0 0.0.0.0:80                  0.0.0.0:*                   LISTEN

○起動時のサービスに追加
/sbin/chkconfig nginx on
/sbin/chkconfig php-fpm on

○mysqlをインストール

yum install mysql
yum install mysql-server

/etc/init.d/mysqld start

/sbin/chkconfig mysqld on

yum install php-mysql

○DBセットアップ

mysql

SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD(‘パスワード’);
create database wordpress;

○WordPressのソースを入手

wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.3.1-ja.tar.gz
※最新バージョンはhttp://ja.wordpress.org/参照

tar vzxf wordpress-3.3.1-ja.tar.gz

cd wordpress
vi wp-config-sample.php
※環境に合わせて以下の項目を編集
——————————————–
/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘database_name_here’);

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘username_here’);

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘password_here’);
——————————————–

mv wp-config-sample.php wp-config.php

○メールを停止

/etc/init.d/sendmail stop
yum remove sendmail

○後は必要な項目を入力して完了!

【参考URL】

nginx+php-fpmをyumでインストールして、WordPress/CakePHPを動かす設定


http://tech.hitsug.net/?CentOS%2FMySQL%2FMySQL5%EF%BC%88yum%EF%BC%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB
http://gentoo.reichsarchiv.jp/item/27

Social Widgets powered by AB-WebLog.com.